×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫外線について詳しく解説中!1

スポンサード リンク

紫外線a波とb波の違いについて

お肌を守るためには紫外線対策が重要と言われていますが、紫外線にはa波とb波の2種類が存在します。

a波は、紫外線の中でも波長が長いものです。

a波の紫外線は肌の奥まで浸透し、肌の内部にあるコラーゲンを破壊してしまいます。

肌の老化を早めしわやたるみの原因となりやすくなってしまいます。

エネルギー自体はそれほど強くはありませんが、紫外線a波は肌の奧に作用し、肌生来のバリア機能を下げる作用があります。

紫外線a波の恐ろしいところは、天気や季候の変わり目に関係なく、肌をじわじわと侵食していくところです。

空が厚い雲で覆われているから、紫外線対策は必要ないとは考えていませんか。

紫外線a波の波長は長いので、窓ガラスを通って室内にも社内にも続き、肌に作用します。

1日1日の浴びる量は少なくとも、いつしか積み重なってお悩みの元となることもあります。

紫外線の肌への影響を考えるなら、夏と同じくらい冬も用心をする必要があります。

紫外線a波は冬場の方が強力ともいいます。

日焼けによって肌が赤く腫れたりシミができるのは、紫外線b波の仕業です。

a波より届きにくい波長ですが、a波より格段に有害と言われています。

紫外線は軽く考えているとあとで酷い目に遭います。夏場のレジャーや冬場のスキーなど、紫外線から十分に肌を守れるようにしましょう。

紫外線b波は雲やガラスまどである程度は遮ることができますので、天候が悪い日や屋内にいればある程度は防げます。

紫外線対策は、紫外線が肌へどのような作用をもたらすか、どんな時に強くなるかなどを知っておくことが大事です。

お肌の紫外線対策クリーム

スポンサード リンク

店頭に並ぶ紫外線対策のクリームには、いずれの容器にもSPFという数字が書かれています。

SPFとは紫外線防御指数ともいい、肌の紫外線からの防止効果を表す指標です。

肌に紫外線を浴びた時に、肌に影響がでるまでどのくらいの時間がかかるかを表したもので、SPF1につき20分の効果があります。

SPF10なら200分となります。

SPF15の日焼け止めを出かける直前に肌につければ、5時間は紫外線の効果をカットできます。

買い物くらいならばこれで用足りるわけです。

SPFの横には、+記号があります。

これは、紫外線対策がどのくらい強力か書かれているものです。

日々の生活の中で使う日焼け止めクリームは+が1個で、庭での作業や近所へのお出かけに際して使うものです。

普段よりやや強い日差しにさらされる時、戸外でのスポーツや天気がいい日の屋外作業では++が適しています。

雪山や日光が近い場所に出向く際には、+が三つ記載されている紫外線対策クリームで肌を守ることをお勧めします。

日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれていることがあります。

敏感肌の方には刺激が強すぎることもありますので、下地として保湿クリームなどを振ってから紫外線対策を施しましょう。

また、紫外線対策のクリームは、種類の異なるものをたくさん重ね塗りをしても効果が高まりはしません。

SPF25の効果を得ようとして、SPF10クリームを塗ってからSPF15のクリームを塗ったとしても、求める効果を得られはしません。

同じく+が一つの紫外線対策クリームに+が二つの紫外線対策クリームを重ね付けしても、+が三つの紫外線クリームのようにはお肌を保護できません。

いくら肌を紫外線から守りたくても、くれぐれも混合せぬようにお願いします。

紫外線から肌を守るファンデーション

紫外線から肌を守る対策としてSPF表記のあるファンデーションを選ぶのも良い方法です。

ファンデーションの中でも、パウダリーファンデーションがSPF効果があるものです。

このファンデーションには、チタンや酸化鉄などの金属粒子が含まれています。

ファンデーションの金属微粒子によって紫外線を跳ね返し、肌をカバーするというものです。

結果として日焼けをしにくくなったり、紫外線が肌内部に入り込みコラーゲンを破壊したりしにくくなります。

ただし、パウダリーファンデーションは汗や皮脂で流れ落ちた時にはつけなおす必要がありますし、ファンデーションの付け方で効果に差が生じるようです。

反対に紫外線吸収剤の配合されているクリームを肌に塗り込むよりも、肌への負担が少なくなるというメリットがあります。

敏感肌の方はお肌の紫外線対策の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

ファンデーションは多くの女性にとって、季節を問わずに使う日用品です。

プラスαとしてお肌の紫外線対策効果が備わっていると嬉しいですよね。

金属アレルギーの恐れがある方は、チタンや酸化鉄により赤みやかぶれの心配が懸念されますので控えた方がいいかも知れません。

不安な場合には、二の腕や顎などの皮膚が柔らかい部分でパッチテストを行うことをお勧めします。

紫外線対策は肌のコンディションや日中どんな環境下にいるかも関わってきますので、納得のいくものを選んでください。