×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫外線について詳しく解説中!2

紫外線をカットするには

スポンサード リンク

紫外線対策クリームによって肌への紫外線の影響をカットするかしないかでは、肌への影響に大きな差が出ます。

上手に使うことでほとんど日焼け効果から免れることもできます。

日焼け止めに入っている紫外線カットの成分についていくつか調べてみました。

紫外線をクリーム等でカットする時は、お肌の個人差やどんな状況で使うかによって選択しましょう。

肌に紫外線が届かないようにするために、紫外線吸収剤をクリームに配合して紫外線を取り込むという方法があります。

紫外線吸収剤を含む日焼け止めを肌に塗れば、紫外線はそこでカットされ表皮には届きません。

たくさん紫外線吸収剤が配合されていると、SPF値が上がります。

屋外で活動する時間が長い時は長時間肌が紫外線にさらされますので、紫外線級取材でしっかり紫外線をカットしましょう。

SPFが高い日焼け止めは汗にも強く紫外線カット効果も抜群ですが、肌にダメージがいきすぎないよう、日頃は控えめが大事です。

紫外線を反射させて肌への影響を軽減する成分として紫外線散乱剤があります。

日焼けで生じた熱を逃がす効果もあり、紫外線対策に重宝されています。

紫外線吸収剤より肌への負荷が少なく済みますが、メイクの仕上がりが白くなりすぎることもあります。

敏感肌の方には紫外線散乱剤が向いていますが、汗や皮脂汚れで落ちやすいものですので、こまめに塗り直すように心がけましょう。

日焼け止めによる紫外線カットは、ぜひ行っていただきたいものです。

紫外線をカットするグッズ

紫外線カットができる道具は様々なものが販売されていますので、時と場合に応じて使いこなして肌を守ってください。

日焼け止めと併用する事で、あなたの紫外線カットが万全となるのです。

紫外線をカットするグッズについていくつか調べてみました。防止には紫外線カット処理が施されたものが多くあります。

つばの広いタイプのUVカット帽子を使うことで、顔全体を日光から覆い隠し、紫外線を防ぐ効果が期待できます。

アームカバーも紫外線カットには欠かせないグッズです。

車の運転をする人にとっては、腕の日焼けがとても気になります。

紫外線カットに、ロングタイプのアームカバーで肌を守ってください。

紫外線カット効果があるグッズに日傘があります。

日傘を差すことで手軽に日光を遮ることができます。

日傘をさすだけで、その場所の温度は3度〜5度低下するといいます。

記事に紫外線カット加工が施された日傘がお勧めですが、それ以外の日傘でもある程度は紫外線を防ぎます。

また、雨の日にも使える傘も販売されています。

屋外に水着姿でいる時は、紫外線カットには特に要注意です。

サーフィンやヨットなどのウォータースポーツをする方はUV加工済みのウェットスーツにすれば紫外線カットが可能です。

女性がビキニを身につけて屋外にいるという時は、日焼け止めをつけていてもある程度は紫外線が肌に突き刺さります。

そういう場合は、専用のオイルを体につけて、紫外線をカットします。

紫外線カット処理がされている道具は様々ですので、日焼け止めクリームと合わせて賢く使いましょう。

子供の紫外線カットについて

スポンサード リンク

紫外線カットは子供にも必要なのでしょうか。

日本人は西洋人と比較して、日に焼けると黒くなりやすい肌の性質を持っています。

紫外線によって肌が黒くなるのは、紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素が作られるためです。

長時間、紫外線の下で無防備な肌をさらしていると、肌にダメージがいってしまいます。

日焼けで肌を傷めてしまわないよう、子供の外出前にはSPF値が20〜30の紫外線対策クリームを使ってください。

紫外線カットだけでなく日射病予防のために、風通しが良く色の薄い帽子をかぶせてあげることも大事です。

最近は水着にも紫外線カット加工がされているものがありますので、選ぶ時にチェックしてみてください。

素肌に日光を浴びる時は忘れず日焼け止めを使います。

強力な日焼け止めは肌への刺激も強いので、顔にはやや弱い日焼け止めがお勧めです。

海では海水の塩分が体について、塩が日光に当たる事で肌が荒れる原因になります。

海から上がったら必ずシャワーを浴びる事を忘れない様にしましょう。

子供の肌が日焼けで赤くなってしまったら、まずはぬるめのシャワーで冷やします。

もし、日焼けによる皮膚の赤みや痛みが酷いようなら、氷のうや冷たいタオルで皮膚を冷やすと症状を和らげられます。

赤みや痛みが落ち着いてきたら、鎮静消炎剤で治療をすることも、日焼けのしすぎた肌には有用です。

紫外線のカットについて大人ほど神経質になる必要はありません。

最低限の紫外線カットをすることが子供の肌のためには必要です。

スポンサード リンク