×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛穴ケアと保湿について

毛穴の黒ずみをケアする

スポンサード リンク

毛穴の黒ずみのケアについてです。

毛穴には皮脂を生成する皮脂腺があり皮脂は肌の潤いを守る為にも必要です。

季節やストレス等が原因で過剰になると毛穴トラブルの原因になる事があります。

最もよく聞かれる悩みが、ブラックヘッドといわれる毛穴の黒ずみで、毛穴から排出される皮脂が毛穴部分で溜まり、そこに汚れがついて黒く目立つ毛穴になってしまうものです。

気温の上昇と共に、汗や皮脂の分泌量が冬の約2倍にもなり、汚れや古い角質が多くなる季節です。

クレンジングや洗顔の不足も毛穴の黒ずみの原因になるので、念入りなケアが必要になります。

いくつか毛穴黒ずみケアの気をつけておきたいポイントがあります。

肌質に合ったクレンジング方法で丁寧にケアすることが、毛穴の黒ずみをケアする場合には不可欠です。

定期的に毛穴の深部の汚れを泥パック等で取り、老化した角質を取り除くケアをすることも、毛穴の黒ずみ対策には必要なことです。

たんぱく質分解酵素入りの洗顔や、ソフトゴマージュ洗顔等は、おすすめの老化角質を取り除くための毛穴ケアアイテムですので試してみましょう。

黒ずんでしまった毛穴は、毛穴の引締め効果のあるローションでケアすると良いでしょう。

肌のコンディションを保つためにも、食生活の改善も気をつけるようにしましょう。

ビタミンB群不足や、糖質や脂質の過剰摂取には注意が必要です。

毛穴の黒ずみ対策にとって重要なのは、毎日のスキンケアです。

お手入れを毎日行っても毛穴の黒ずみが改善されない場合は、念入りな肌のトリートメントをサロンで受けるのもおすすめです。

毛穴の黒ずみを改善するためにも毛穴ケアを実践し、いつまでもキレイな肌を維持していただきたいものです。

毛穴の開きとケア

横開きと縦開きが、毛穴にはある事を知っているでしょうか。

若さ特有の過剰な皮脂の為に、若い時は毛穴が横に開きます。

肌にとって皮脂は大切なものですが、皮脂量が多ければ、毛穴は詰まりやすくなるといえるでしょう。

毛穴が詰まってしまい、大きく横に開いてしまうのは、皮脂の排出量が多くなってしまうのが原因です。

毛穴の横の開きを解消するには皮脂のコントロールケアと、毛穴を清潔に保つケアが必要になります。

皮膚のたるみや老化によって、年をとると毛穴は縦に開きます。

肌の潤いは加齢と共に不足し、ハリを失って毛穴の周りの細胞が萎縮してしまいます。

毛穴が目立ってしまうのは、毛穴の周りの細胞が萎縮するのが原因ですので、細胞そのものを潤しキメを整えるケアが不可欠となります。

毛穴ケアで大切なポイントをいくつかご紹介します。

毛穴の汚れをすっきりと取り除くことが基本です。

家でスチーマーがある人はしっかり毛穴を開いてあげましょう。

無い人はホットタオルを少し当てて毛穴を開かせてから、スキンケアをはじめましょう。

専用の吸引が出来る美顔器を使って皮脂を排出することも、毛穴ケアではやったほうが良いといえるでしょう。

重要なのは毛穴をぎゅっと締めてあげることで、これを省くと、毛穴は余計広がってしまいますので気をつけましょう。

自分でピンセットで取ったり剥がすパックは、綺麗な肌の表面を剥いでしまう原因になるのでやめましょう。

正しい毛穴ケアを身につけて、毎日のスキンケアを心がけていただきたいものです。

毛穴ケアと保湿について

スポンサード リンク

一番毛穴ケアで重要視すべきところは、保湿です。

水分が無ければ、毛穴も金魚の口のようにぱっくり開いてしまいます。

毎日の保湿が、一番の締まった毛穴を作るケアでしょう。

化粧水はケチらずにたっぷり使用しましょう。

毛穴トラブルの原因は乾燥や色素沈着等の場合もあります。

毛穴が開いている所は色素沈着し、色むらが出やすい部分なのでしっかりと保湿によるケアをしてあげましょう。

保湿だけでなく、毛穴ケアにはUVケアも大切です。

乾燥を引き起こし、潤い不足による毛穴の開きにつながるのが紫外線なのです。

毛穴開きの原因にもなる油分が含まれている化粧品は、皮膚呼吸を妨げ、新陳代謝を低下させてしまうものです。

油分の他にも毛穴にダメージを与えるものがあり、合成界面活性剤、合成香料、合成防腐剤などがそれにあたります。

これらは、正常なターンオーバーの妨げになりやすいので、気をつけましょう。

紫外線やほこり等から素肌を守る包帯代わりにもなるファンデーションもあるので、化粧品選びは慎重にしたいものです。

肌に合ったスキンケアを、毛穴トラブルの原因をしっかりと理解してする事が大切なのですが、素人ではなかなか判断が難しいでしょう。

毛穴ケアについてエステサロンや皮膚科等のクリニックのプロに、自分でわからないときは相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。